読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーネル大学・ホテルスクール留学記

コーネル大学ホテル経営大学院で学んだ記録です。

遂に授業終了!

遂に、春学期の授業が全て終了しました。今学期は特にクオリティが高くない授業も結構あって欲求不満気味でしたが、それでもいざ授業が終了すると思うと寂しさを感じます。Masterの学生は基本的には全員1年間で卒業するので、今週はそれぞれ皆がホテルスクールでの最後となる授業を噛み締めていました。

卒業が近くなり、進路が未定だったクラスメイトもぼちぼち決断をしているようです。Internationalに関しても、中国・インド出身が多いこともあり、多くの学生が少なくともOPT期間(卒業後、1年間は米国の労働許可が得られる制度のこと)は卒業後も米国に残るようです。

全ての授業が終了した次の日は、コーネル大学恒例のSlope Dayというイベントがあります。これは、長かったacademic yearの終了と春の到来を祝って、キャンパスのslopeで朝から飲んで・踊るというイベントです。

1年密な時間を過ごしたクラスメイトとも、あと1ヶ月もしないうちに全く別の場所で生活をスタートするというのも実感が湧きません。ただ20代の終わりに差し掛かった年齢でこのように密な時間を過ごした友人を得て、典型的な米国の大学生活を送れたのはとても貴重な経験だったと思います。

感傷に浸る暇もなく、finalや引越しなどが待ち受けていますが、まずは友人とslopeで春の日差しを浴びるひとときを楽しみました。

f:id:Akshay13:20170514115302j:plain

f:id:Akshay13:20170514115526j:plain

f:id:Akshay13:20170514115542j:plain

f:id:Akshay13:20170514115651j:plain

f:id:Akshay13:20170514120346j:plain